「葉と陰」

「葉と陰」4

「葉と陰」

「葉と陰」3

「葉と陰」

「葉と陰」2

「葉と陰」

「葉と陰」1

土佐山村風景5

林の中の道。

土佐山村風景4

傾斜地に建てられた家。

土佐山村風景3

最後に動いてからもう何年も経ったクルマ。

土佐山村風景2

狭い耕作地での米作り。

土佐山村風景1

高知市郊外旧土佐山村の真ん中を流れる川

小さな、白い、キノコ

注意してみないと踏みつけてしまいそうなキノコでした。

青森田圃アート

田圃に出現したシンゴジラ。

オリンピック犬。

オリンピックというとこの男の子を忘れてはいけません!

黒犬

長い間写真をアップすることを忘れていました。

お気に入りのマスク。

気がつくと2年以上も写真をまったくアップしていなかった。これは4年前ベルギーのブリュッセルの日曜のみの市で買った数百円のマスク。お気に入りです。アフリカの某国(どこのエリアで作られたものか、忘れてしまったし、その時聞かされた話が本当かどうかも、怪しい!)で作られたもの。いつ頃作られたものかも忘れた。

KITTE

先日、野球観戦仲間の藤村さんと昼食をいっしょにしたKITTE。初めて入ってみました。KITTEって名前がステキ!なんといっても中央郵便局のビルだもん。

Food! Food! Food!

食べ物のことになると、いつも真剣な表情。

大人気のクマモン

当社でも活躍いただきたい営業部長さん。

嫁石という名前

どうしてこの地が嫁石と呼ばれているのか。

旧・土佐山村の嫁石

梅で有名な嫁石。梅園がとてもきれいでした。

ヴァレンタイン!

ヴァレンタイン・デーに合わせて。

ルイヴィトンと草間弥生のコラボ

銀座松屋一階に入っているルイヴィトン。世界的な現代アーティスト、草間弥生とのコラボ。

ボストンのホテルの部屋からの眺め。

ビジネススクールの25周年リユニオンのために、ボストンに行きました。

ケンブリッジのラブラドール

ボストン郊外、ハーバード大学があるケンブリッジに住む友人のラブラドール(名前は忘れちゃった!)。写真にははいっていませんが、もう一頭いました。

ワンコもチェックイン(サンフランシスコのホテルで)

カイやクウ太郎とアメリカ旅行することができるときっと楽しいと思う。

グレイハウンド・バス

アメリカで久しぶりにグレイハウンドのバスを見かけた。

ターゲット・ドッグ

ミネアポリスで訪問した会社の人たちに、ツインズのホーム試合に連れて行ってもらいました。球場の名前は、ターゲット・フィールド。小売りの大企業、ターゲット社の名前。

ミネアポリス市内。

鏡のようなビルに映ったもう一つのビル。

皇居一周ウォーキングの風景

皇居一周ウォーキングですが、季節ごとにいろいろと見るものがあります。美しいとか、かわいいとか、特に目立ったところがある植物ではないのですが、そんなものにもなんとなく関心を持つことも、皇居一周ウォーキングの楽しみ。

皇居周りの水

多量の雨が降った翌日。普段なら淀んだ感がある皇居周りの水ですが、かなり透き通っていました。GW中の皇居一周。

クウ太郎とぜんまい

GW中、山でクウ太郎君と散歩。ぜんまいをじっと見るクウ太郎。自然の中を歩くと犬たちも喜ぶ。もっと頻繁に東京から離れたい。

マンホールのふた

皇居一周ウォーキングでいつも気になっているマンホールのふた。KはKatsuya、Kai、KootaroのKということもあり、特に気になっています。電話線用のマンホールには、NTTなんて入っているのですが、Kってなんのこと?

吉祥寺のドッグショップ

成蹊大学であった日本テスト学会の講演会に行く途中、五日市街道沿いのドッグショップ入り口で見かけた針金でできた犬のオブジェ。

I am handsome.

我が家の長男、クウ太郎。「ボク、ハンサム?!』

土佐山村の鳥居

東川地区にあった神社の鳥居。この神社の前には、公民館があって、スクールバスに乗った男の子を待つHONDAフィットのお母さんがいました。

土佐山村の鳥居

カレカがいた頃のレイソル(94年)

天皇杯3回戦(対ヴァンフォーレ甲府)の柏レイソルのホーム試合観戦。ホームスタンドの一階ホールの壁には、JFL時代からのレイソルの写真がたくさん飾ってありました。このごろはボク自身、柏に住んでいた時期で、日立台であったレイソルの試合をかなり見ていました。

ベッドの上のクウ太郎

近所のスーパーで買った1000円くらいの「ベッド」。クウ太郎のお気に入りグッズ。

永留久恵先生訪問。

対馬の歴史の研究家、永留久恵先生を訪問。RKB毎日放送でうちの会社が提供している「24時の情熱」の取材のために。先生がお書きになられた「対馬国史」は古代から現代にいたる対馬の歴史書。

東京ドーム

アメリカのお取引先の方と東京ドームでジャイアンツ戦を観戦。左は今年お世話になったビア・ガール。

ベルギー南駅構内。

「オデッセイマガジン・タンタン特集号」取材のためにベルギー訪問。左は現地取材を担当いただいたトビイ・ルツさん。ブリュッセルは10数年ぶり。

エルジェ美術館訪問。

年末に発行予定の「オデッセイマガジン・タンタン特集号」の取材のため、ベルギー郊外にあるエルジェ美術館訪問。

クウ太郎

日差しが暑くないんだろうか?と思ってしまいます。クウ太郎は理解不能!
I don't understand this dog. The sun is still strong but he chooses to sleep under the sunshine.

クレマチスの丘

クレマチスの丘の入り口にある彫刻。
At the Clematis No Oka Museum.

メルシャン美術館の芝生の上で見つけた昆虫。名前は?

ファイティングポーズ

ウィスキーの樽を使って作ったクマ(?)のファイティングポーズ。うちの犬たちの彫刻を作ってくれた森さんの作品。@メルシャン美術館

安曇野・松川村

安曇野は澄んだ水で有名。農業用の水ですが、口に含んでみました。子供の頃、四国の田舎でも同じようにきれいな水が流れていたように記憶しているのですが、日本でもきれいな水がえられる場所は少なくなっているのでは。

安曇野・松川村のりんごの木

松川村の「りんごの木オーナー制度」。一本の木のオーナーになりました。11月中旬にはこのリンゴの木から150個くらいのりんごがとれるはずです。楽しみにしています。

国立大学通りのいちょうの木

どんな木もおもしろい。桜だけは別格だけどね。
Gingko tree on the Daigaku Dori (University Avenue) in Kunitachi, where Hitotsubashi University is located. I find every tree interesting, though cherry trees in full blossoms are exceptional.

一橋大学兼松講堂

オデッセイコミュニケーションズ奨学金の奨学生選考のため、国立キャンパス訪問。決して大きなキャンパスではありませんが、とても素敵な雰囲気ですよ。
Visited Hitotsubashi University (I graduated from this school with law degree) to interview candidates for Odyssey Communications Scholarship. Selected 5 students for this year' scholarship.

高速道路を運転していて見た雲。サービスステーションに止まって撮影。

雲。

カイ/Kai

クウ太郎/Kootaro

カイさん近況 (Kai's recent photo)

緑内障で視力をなくしたあと、頭を守るためにプラスチック製のエリザベス・カラーをしています。壁や机の足などに頭をぶつけることをできるだけ避けるために。今月20日でカイも12歳になります。おばあちゃんの年齢に近づいていますが、クウ太郎君よりもずっと迫力があります。
Kai, my "eldest daughter", will become 12 years old on February 20. She was such a cute puppy when she came to our house in 1999. She lost her sights over a year ago due to glaucoma. Since then she wears a "lampshade" or an Elizabeth collar, to protect her head and eyes.

雪の東寺 (Tohji Temple in snow)

東寺
http://www.toji.or.jp/

詩仙堂の庭園 (Shisendo Temple garden in snow)

雪の詩仙堂 (Shisendo Temple in snow)

半日だけ雪の京都を訪問。
Five hours bullet train rides in total and 5 hours in snowy Kyoto.
Shisendo Jozan Temple is a small nice temple with a nice garden. Charles and Diana visited here in 1986.
http://www.kyoto-shisendo.com/En/top.html

サイドミラーに映った東京スカイツリー (Tokyo Sky Tree in side mirror)

山谷でボランティア活動を続ける知人を訪問した後、すぐ近くにある東京スカイツリーの近くまで行きました。東京スカイツリーの見物客の多さに圧倒されました。
Tokyo Sky Tree will become one of the most famous tourist spots in 2011. It is still under construction but many people come and see the Tree. It is located in the eastern part of Tokyo, rather old section of the city. The Tokyo Sky Tree will be over 600 meters high and can be seen from many areas in Tokyo. I see it every day on my drive to the office in Marunouchi.

土佐山のゆず (Yuzu, aromatic citron in Tosayama)

高知県の名産物のひとつ、ゆず。土佐山でもゆずの木を見かけます。
Kochi Prefecture (where I was born) is rich in nature and has many food products. Yuzu, an aromatic citron, is one of the many agricultural products.

また会ったね。Hello again!

2010年の始め、オーベルジュ土佐山の周りを歩いていて見かけた犬たち。年の終わりにも元気そうに吠えてくれました。
I saw these dogs in January 2010 when I was strolling around the Auberge Tosayama. I am glad to see them again in apparently good health.

イノシシは売り物ではありません。(Boars are not for sale)

オーベルジュ土佐山の横にある「とんとんの店」入り口に飾ってあるイノシシたち。イノシシ年生まれの僕は気になって聞いてみたら売り物ではないと言われた。
Next to the Auberge Tosayama is "Ton-Ton's Store", which sells the locally grown foods. At the entrance I saw wild boars made of wood. I was born in the year of boars and I like them a lot. They are not for sale.

羽田から見える富士

東京の風景で好きなもの:富士、東京タワー、そして今建設中の東京スカイツリー。

姫リンゴと仲間たち

岩手の方からお贈りいただいたリンゴ箱に、かわいい姫リンゴが含まれていました。左上の二つはべつの方からいただいたゆず。

富士山

日帰りで福岡訪問時、羽田を離陸して10分もするかしないかで、雪化粧した富士が見えてきました。この日はアビスパ福岡のホーム最終戦。

Marina Bay Sands (Singapore)

57階の屋上に作られた150メートルほどの長さのプール!

口輪をした犬

クウ太郎です。病院に連れて行く前に口輪。ちょっと暗すぎますね。

階段上のふたり

外出しようとすると、階段上にカイさんとクウ太郎のふたりが並んでお見送り。

あおもりけん@青森県立美術館

また会いに来たよ!

青森県立美術館

金沢21世紀美術館、横須賀美術館、青森県立美術館。気に入っている美術館です。

小坂鉱山事務所。

明治38年に建てられた洋館。当時の小坂の繁栄を思わせる建物。

康楽館(秋田県小坂町)

日本最古の芝居小屋は秋田県のかつて銅山として栄えた小坂町にあります。ずっと行ってみたかった、秋田県の町のひとつ。

真剣に太極拳をする人たち(上海)

いたるところで太極拳

上海日曜日早朝風景。Bundを歩いていると太極拳の人たち。若い人は健康のことなど考える必要もないので姿をあまり見かけませんでした。上海で仕事をしている日本人ビジネスマンに聞いた話では、市内のいたるところで太極拳をしている人たちをみかけるそうです。

上海の凧揚げ

日曜日の朝飛行機に乗る日。朝6時半に黄浦江ぞいの遊歩道に行ってみると凧揚げをしてる中高年の男たちが多数。いい趣味だなと思った。

上海万博風景

中国館に入るための列。

香港館とマカオ館。

香港、マカオは中国の一部。中国館のとなりに「分をわきまえた」規模でかわいく立っていました。

上海万博の中国パビリオン

この万博のシンボル。中身は?でした。

階段のクウ太郎

夏の間は家の中で涼しいところを求めて移動するクウ太郎です。最近は階段で休んでいることが多い。

きのこ

かわいい、きれい、「オチビさん」の世界への案内役。

野鳥の森を歩く

何年かぶりに軽井沢の野鳥の森の中を歩きました。1時間半ほど、小走りに歩き回ると気持ちが落ち着きます。頭を空っぽにするにはあまり人と出会わない自然の中を一人歩き回るのがベスト。このときは、カイ、クウ太郎クンとは別行動。(視力をなくしたカイとはもう山の中の散歩は無理ですが)

渋谷某所の喫茶店

カフェなんて軽く呼ばないで下さい。由緒ある喫茶店です。この建物は、武道館を設計した建築家の自宅だったところです。一階に喫茶店。先日この建物の二階で知人が行っていた展示会を訪問した際に見つけたお店です。知る人ぞ知る喫茶店だと思うのですが、場所や名前は書きません!

東京都戦没者霊苑

カイの目を見てもらった動物病院へ上っていく坂の途中に、東京都戦没者霊苑があります。なんどか前を通っていたのですが、先日初めて中に入ってみました。戦争というのは、歴史的な出来事ですが、今に通じる、今もまだその影が僕らを覆っている出来事だと思っています。

貴乃花部屋のパーティ

千秋楽の夜、貴乃花部屋がホテルで行ったパーティに出させてもらいました。親方には四股の踏み方を教えていただきましたが、おかみさん(花田景子さん)には、「四股を踏んでいますか?」と聞かれました。

午後の昼寝

お気楽なクウ太郎君。動物病院に行った後、ぐっすり昼寝。でも、彼には彼なりの悩みがあるのではないかと飼い主は思っています。

京都の桜

あの有名な庭です。

カイ近況

緑内障で視力をなくしてからは、普段エリザベスカラーをしています。頭をぶつけるのをすこしでもさけるために。

リサとガスパール@銀座ソニービル

松屋銀座であった展覧会、行かないままで終わってしまいました。終了後もソニービルには案内がありました。

新潟駅構内にある犬の銅像

新潟日帰り出張時に見つけた新潟の「忠犬」

高知土佐山村の犬

この犬はものすごく痩せていて、あばら骨が見えました。でもこれが本来の犬の姿で、飼い主からたらふく食わせてもらっていて、十分運動していない飼い犬たちの方がおかしいのかもしれません。

高知土佐山村のカイ君

ソフトバンクのCMにでているカイ君を思い出しました。

馬路村

テレビでもしばしば紹介される高知県馬路村。(高知市内にあるビルボード)

回転

ロンドンでも回転する日本食レストランを見つけました。通りから撮った写真。中に入って食事を試していないので、おいしいかどうかは定かではありません。

太った猫

ラテンアメリカの有名な彫刻家による太った猫。ミーティングに利用させてもらった某ホテルの入り口にたむろしています。

インドの犬

インドのニューデリーで野良犬をたくさん見ました。歴史的な遺跡、観光地でも野犬をそのままほったらかしにしているようです。

紅葉狩り

クウ太郎、カイと紅葉狩り。

本屋であったラブラドール

サンフランシスコのボーダーズ(書店)の中で見かけたラブラドール。

ずっと応援している「選手」

久しぶりに柏の日立サッカー場でレイソルのホームゲームを観戦。レイソルのマスコット、レイ君。

日だまりの黒犬

週末、のんびりしている黒犬2頭。こちらものんびりした気持ちになります

市立小樽文学館内のカフェ

札幌出張の折、空いた時間を使って小樽に行ってきました。小樽は作家伊藤整、小林多喜二が育った町で、文学者、芸術家を多数排出しています。決して広い館内ではありませんが、大切な空間だと感じました。

マッキンレー

カナダであった世界学生大会から帰りの機内から見たアラスカマッキンレー。植村直己さんの魂はここに眠るのか。

丸の内中通り

丸の内って、通り沿いにこんな彫刻が飾ってあって、いいところですよ。

長い「はしご」

都内でしばしば見かける風景です。高いところでの作業とか、どうやってこなしているのか、とても興味があります。

クウ太郎近況

甲斐犬のオスとしては、小ぶりのヤツですが、案外、カッコいいんです。手足の長さ、遠くから見ると顔つきも悪くありません。結構ハンサムな犬です。

カイ近況

今年で10歳、来年には11歳になる「カイ姫」です。ソファーは完全占拠状況。

クウ太郎君の寝姿

ボクの部屋のラグで寝るのは、かつてはカイでしたが、最近はクウ太郎君の方が多いように思います。

出勤時のおねだり

靴を履いていると、ドアの前にたち、こんな感じで「いっしょに行きたいのに!」と来ます。困ったものです。時々、おねだりに負けて会社に連れて行くことになってしまいます。

動物病院にて

診察台に上がるまでのカイの抵抗たるやかなりのものがあります。が、一旦「まな板」の上に乗っかってしまうと、ある程度落ち着きます。最近元気がありません。老化が進み内蔵障害が出始めているようです。もう10歳。人間の年齢では60歳を越えているはずです。いつまでも若いと思っていたカイももう老犬の年齢になりつつあります。

サン・ジョルディの日に届いたプレゼント

新潮文庫のYonda Pandaです。新潮文庫を30冊買ってシールを送るともらえるこのパンダ君が大好きです。4月23日のサン・ジョルディの日に届いた新潮社からの素敵なプレゼント。

大五郎君

久しぶりに黒ラブの大五郎君と飼い主のおじさんに会いました。冬の間は、散歩時に洋服を着せられているようです。黒毛に黄色のジャージーが似合っています。

黒犬とスペインのおじさん

カイと「スペインのおじさん」

スペインのおじさん

ワインボトル用のコルク栓ですが、コルクの部分がとれてしまっています。かわいいおじさんなので、捨てることなく、ずっと持っています。なかなか捨てられない雑貨のひとつ。

まだあった「山一証券」

出張で宮崎訪問時に見つけた山一証券の広告。山一証券倒産後もう10年になるのに、宮崎市一番の大通りのお店で見つけました。この店舗もきっとずっと閉店になったままなのかもしれません。広告のコピーは、「新しいことを始めよう_あなたに一番、山一証券」となっています。なんとも皮肉なコピーです。

豚と犬

札幌の北海道新聞を訪問した際発見した写真。イノシシ年うまれということもあってか、子供のときから豚が好きです。加えて、犬も好きですが。で、この写真、北海道新聞のニュース記事の一つのはずですが、とても気に入っています。

国際フォーラムで見かけた犬たち

週末の国際フォーラムでは、フリーマーケットが行われていました。そこで出会った犬たち。立派なコートを着せてもらっています。

リラックスのクウ太郎君

甲斐犬は柴犬と比べると、手足が長いのでは?クウ太郎君は体の割に手足が長く、胴長で手足が短めの飼い主よりも、格好がいいかと思います。

Bulldog

某所のペットショップの看板犬でしょうか?店頭でこんな渋い、でも愛嬌のある顔を見せてくれていました。リードなしでも「脱走」しないのは、うちの犬たちよりもずっと賢いです。

甲斐犬ふたり

カイとクウ太郎君。毎日仲良くけんかしています。

秋田のニホンカモシカ

同じくプラザクリプトンの入り口に置かれたニホンカモシカ。

秋田のツキノワグマ

秋田の国際教養大学の横に、クリプトンというホテルがあり、プラザクリプトンという秋田の林業の展示場があります。入り口には、田沢湖周辺で捕獲されたこのツキノワグマくんがいます。

永平寺の空

おもしろい形をした雲。ちょっとお化けみたいな。とてもすがすがしい青空を背景として。(福井・永平寺にて)

永平寺

初めての福井。お取引先訪問の間にできたすこしの時間に、福井の知り合いの方が永平寺まで案内してくれました。(田嶋さん、ありがとうございます!)ずっと来てみたかった永平寺ですが、まさかこの日、来られるとは思ってもいませんでしたので、感動しました。

ベッドルームのラグにて

ボクのベッドルームフロアーにおいてある小さなラグで休むカイ。リビングのソファで寝ることが多いのですが、時々、部屋に侵入してきて、ラグの上で寝てしまうこともあります。

秋田犬

田沢湖畔で観光客向けに展示されていた秋田犬。

奈良美智の「A to Z memorial dog」

後ろ姿からは、力強さを感じました。我が家のクウタロウ君も手足が長く、立ち姿は、この作品と同じような力強さを持っています。

奈良美智の「A to Z memorial dog」

優しい表情です。

奈良美智の「A to Z memorial dog」

弘前市内の公園に一人、存在している、「シロイヌ」君です。お取引先を訪問する前のわずかの時間を、この犬といっしょに過ごしました。とてもハッピーな時間でした。

Fukushima_horse

福島に営業のため訪問。新幹線構内をでたところに、福島競馬の宣伝のためのウマが迎えてくれました。某広告代理店で弊社を担当してくれているYさんが競馬好きで、福島に行きますよという話をすると、「福島競馬でみちのく路をお楽しみください」なんてメールをくれました。(こちらは日帰りなので、そんな余裕はありませんでしたが)

金沢の友達

新しく加わった金沢在住の「黒犬の友」。ヨークシャーテリア、3歳。名前は、シエル。ママは、PCインストラクター。

エルモ写真撮影会

『アイラブエルモ』の出版を記念して、豊洲の紀伊國屋でのイベント。たくさんの子供連れの家族にお越しいただきました。

「ホテルの部屋にはiPodのデッキ」が常識になる

サンフランシスコで宿泊したホテルには、iPodのデッキがあり、Tivoli Audioのラジオに接続されています。自分のiPodで、いつでもどこでも自分の好きな音楽が聴けるようにしてくれるホテルが増えていくような予感!

ワイアードフォックステリア

動物病院の待合室で出会った男の子。といっても、もう7歳だということなので、立派なおじさん。我が家は日本犬、特に甲斐犬一筋ですが、西洋犬ではこの犬種がとても好きです。

ダイゴロウ君

散歩中によく会う、ご近所のダイゴロウ君(黒ラブ)。冬の間は、パイロット姿のスヌーピーの絵柄のついたコートを着せてもらっています。

丸の内の黒い鳥

丸の内のカラス。人なれしているのか、近くによって写真を撮っても動ぜず。

植村直巳とアンナ

植村さんが北極圏1万2千キロの旅を走破されたとき、いっしょだったエスキモー犬のリーダーがアンナ。植村さんのためにそりを引いてくれた犬たちの中で、最後までいっしょだった♀犬です。決して美人犬じゃないかもしれないけど、とても愛しい犬!

雪の中のブルーノ君

山形の柳沼さんから送られてきたブルーノ君の近況。もう50センチ前後の雪が積もっているそうです。食事の量も増え、運動も飼い主が疲れきってしまうほどするということです。

診察台の上のクウ太郎

ワクチン注射をうってもらうために、診察台の上にのったクウですが、目の玉が飛び出てくるような恐怖で一杯!先生に笑われながら、注射を終えました。アシスタントの女性がしっかり抑えつけています。

丸の内パパスカフェ

2007年12月某日。お昼休み風景。

マカオのスタバにて

旧市街地の広場横にあるスタバで。このワンちゃんは、柴犬か、柴犬のミックスでしょうか。中国人って、犬を食べる習慣があったということを聞いています。ハト、蛇、フカから始まって、すべての動物を食材にしてしまうようなところが、すごいというか・・・・

丸の内景色

元・三菱商事本社ビルが建っていたところに、新たなビル建設中。背景に見える明治安田生命ビルも昨年か、一昨年にできたばかり。丸の内、大手町界隈では毎年新しいビルが誕生しています。建設現場風景は不思議そのもの。どうやってビルができていくのか、ゼネコンの人に教授してもらいたいです。

水遊びが大好きな黒犬

山形在住のブルーノ君。寒くなっても、水遊びが大好きだそうです。我が家の黒犬たちと違って、シャワーも大好き。シャンプーが簡単で羨ましい限り。

スリッパをくわえた黒犬

山形の柳沼家の黒犬、ブルーノ君。我が家の黒犬もそうですが、どうして犬たちは人間の足のにおいのついたものをくわえては、喜ぶのでしょうか?もしかして、犬って、ヘンタイ?!

4ヶ月目のルビー

「4分の3黒犬」のルビー。静岡の中野さんちのボーダーコリーです。これから、賢いフリスビー・ドッグになりますように!

黒ラブのダイゴロウ君

ご近所に住む黒のラブラドール。10歳半ということです。以前も、黒犬通信に登場したことがあります。ほぼ、毎日のように散歩中に会いますが、今日は久しぶりにケータイのカメラで撮影。飼い主のおじさんの話では、後ろ足の関節に問題があるそうで、一日、20回くらい、おじさんにマッサージをしてもらっているそうです。なんとも幸せなダイゴロウ君です。

ドイツの黒犬

オデッセイIT奨学金生として、ドイツにAFS留学している山下君が、お母さん経由で、ドイツの黒犬の写真を送ってくれました。

「商い中」の犬たち

東京駅構内のお店で見つけた、「商い中」の犬たち

Blue Dog

Kassel (ドイツ)で開催されていた現代美術の一大展覧会Documenta 12で。こんな彫刻と、それを設置できるような庭が欲しい!

ブルーノの問いかけ

絵と同じように、見るひとによって感じることは違ってくるのでしょうが、僕には、ブルーノ君(山形の柳沼さんの家のリトリーバー)は、「お前さん、これからどうやって生きていくの?」と聞いてきているような感じがします。

プレゼントを期待するカイのポーズ

プレゼント(食べ物のことですが)を期待する時のポーズ。横から撮ってみました。

クウ太郎

ちょっとシリアスな表情のクウ太郎。とてもユニークな甲斐犬です。これでも、1歳未満のとき、甲斐犬愛護会主催の展覧会・幼犬の部では、入賞した犬です。

ビジネススクールの友だち

サンタクルーズにいる、ビジネススクールの友達家族が、サンフランシスコまで会いに来てくれました。もう20年以上のお付き合いになります。キューバ生まれのアメリカ人。奥さんは、中国系のアメリカ人。

アメリカの男の子

ビジネススクールの友達の長男。小学校6年生。とてもフレンドリーな子で、いっしょにいる間中、ニンテンドウDSで遊んでいた。お母さんが中国系のアメリカ人なので、アジア系の顔つき。背が高くて、お父さんもすぐに追い越してしまいそうな勢い。

モンブランの「黒犬」

横から見た、モンブランの「黒犬」。ターコイズの色の万年筆インク。ターコイズ色のマフラーをした「黒犬」

モンブランの「黒犬」

モンブランの万年インク瓶です。色はターコイズ。ターコイズは好きな色のひとつ。瓶の形は、「黒犬」そのもの。

丸の内風景

丸の内のいたるところで高層建築物の建築工事が進んでいます。写真は、かつて三菱商事ビルがあったところ。オデッセイのオフィスが入っている新東京ビルの前です。ここにも、1、2年の間には、新しいビルが登場することでしょう。

クリスマスの訪問者

明日から12月。もう今年も終わりになろうとしています。時間はますます速く過ぎていきます。黒犬の冬の間の友達、サンタ姿のプーさん。

都内で見つけた「黒犬」

都内のゴミ箱の側面にいた「黒犬」です。ゴミのことだけかと思いきや、「放し飼いは、迷惑行為だ」と。

山形の黒犬

柳沼家のブルーノ君の、またまた賢そうな写真が送られてきました。この写真は背景になっている緑が、僕好みの色です。

黒犬と水遊び

ホノルルセンチュリーライドで走っているとき見かけました。どうしても写真に撮っておきたくて、走るのをとめて撮った写真。黒のラブラドールといっしょに、ハワイの海に入る地元の男。75マイルと100マイルのお知り返し地点の間にある海岸で。

ハワイで見かけたジャックラッセルテリア

ホノルルセンチュリーライド前日、見かけた男の子。高級住宅街(カハラ)からワイキキの海岸まで片道5キロくらいの散歩中。とても利発なジャックラッセル。一緒に散歩していたのは、お金持ちそうな、日焼けしたお姉さん。話方からは、海外の人っぽかった。

黒犬友達

山形の柳沼さんから送られてきた「今月の写真」です。とてもみずみずしい、写真。

リラックスする黒犬たち

「ふたり」の黒犬たち、特にクウ太郎君ですが、走り回ったあとは、遊びつかれて、床にヘタってしまいます。カイは、もうシニア犬の仲間入りをしようかという歳なので、ソファでのんびりするのがお好き。

山形の凛々しい黒犬

柳沼さんの飼っていらっしゃる、レトリーバーのブルーノ君。まだ1歳というのに、凛々しい、がっちりした成犬に成長していますね。柳沼さんには、これからも毎月1枚ずつお送りいただくことをお願いしています。

お疲れ様です。

車に乗るのはすきなのですが、長時間のドライブの後は、こんな風に寝てしまいます。カイももうそろそろシニア犬なので、注意が必要になってきています。

不思議な物体

大きなゴムボールを、不思議そうに見ている黒犬(クウ)。様子がわからないので、かなり怖がっていた。

カイに占領されたソファ

いつのまにか、ソファをカイに占領されつつあります。

シャンプーの後

久しぶりに、近所のペットショップで、カイのシャンプーをしてもらいました。終わった後には、バンダナをお店のひとにしてもらったカイ。いっそう美人になったでしょう?

真剣です

よく見ていただくと、カイの前にソーセージがおかれています。「ヨシ!」と言ってもらうのを、今か今かと待っています。

カイのひとみ

数年前、まだカイが2歳か、3歳の頃の写真です。僕の大好きなカイの写真のひとつです。

お気に入りの友達

ご近所のジャックラッセルテリア。洋犬のなかでは、好きな犬種のひとつがこの犬です。名前は、モカ。たまにお散歩中に会います。クウ太郎君同様、いつも動き回っていないと気がすまないみたいです。

タンタンみたいに

家の居間で本を読むときに、カイが足元で横になることがあります。これって、犬の飼い主としては、ハッピーな時間です。

ここは私の席

カイ(♀の甲斐犬)の指定席です。車の中では必ずここに座ります。仕事でお客さんをお連れするときに、「ここにカイがよく座るので、毛がつくかもしれませんが、ご容赦ください」とお断りしています。

芝浦工業大学豊洲キャンパス

反対側から撮った写真。芝浦工大をはじめとして、このあたりは大きな建物が建ち始めていて、これから大きく変貌しそうなエリアです。

芝浦工業大学豊洲キャンパス建物

自転車で会社まで行ったときの帰りの道で撮った写真です。とても立派な建物です。

予防注射

アシスタントの女性に抱えられています。診察台の上にのるまでは、あばれまわっていたのですが、一度あがってしまうと、観念したのか、おっかなそうな表情をしつつも、大人しくしていました。

予防注射

一年に一度、五種ワクチンをうちます。カイが一番嫌いな場所のひとつが、この病院です。

見合い用写真

美人でしょう?

キャノンデール(@サイクルモード2005)

アメリカのキャノンデールのカーボン自転車。色、重量、デザイン、どれをとっても素晴らしい。この自転車よりも、ランクが落ちるモデルを試乗。

Cylce Mode 2005試乗風景

展示されている自転車が試乗できました。キャノンデール、クライン、ピナレロなどの自転車を試乗。これまで何度も幕張メッセに来ていますが、これまでにない楽しい経験でした。

クッキーモンスター!(@サイクルモード2005)

自転車ウェアメーカーのパール・イズミのブースで。アメリカでは、セサミストリートのキャラクターを使ったウェアを販売しているようです。

ピナネロ

イタリアの自転車メーカー、ピナネロのカーボン自転車。このメーカーのほかの自転車を2台、試乗。どちらもとても素晴らしい加速性能でした。

甲斐犬の子犬たち

第122回甲斐犬愛護会展覧会にて。

甲斐犬の2頭の子犬

とてもかわいい子犬たちです。

甲斐犬の子犬

まだ生まれて40日くらいだそうです。女の子が抱えてくれました。

甲斐犬の子犬

甲斐犬の子犬が一番かわいいのだ!(主観的な判断です)

「跳べよ甲斐犬」

甲斐犬愛好家のウィンドーブレーカー

第122回甲斐犬愛護会展覧会風景

丸の白癬内は、「リング」と呼ばれています。クウ太郎君も、リングに上がりました。

ヨガマット

アメリカで、ヨガが人気だとか。ナイキのヨガマットです。時々、リビングで、マットを広げて、屈伸運動や腹筋をしています。

東京駅構内にF-1カー

東京駅の北口にあるホテルでのミーティング途上で、F-1カーの展示を見つけました。やはり、迫力があります。

新丸の内ビルの建設

丸の内ビル(丸ビル)の真向かいに、新丸の内ビルの建設が進んでいます。丸の内の生まれ変わりは、続きます。

おしゃれな犬小屋

あるお店で見つけた、イタリアのデザイナーによる犬小屋です。残念ながら、うちのクロイヌたちには小さすぎますが・・・小型犬であれば、大丈夫。

神田・御茶ノ水風景

秋葉原に行く途中で神田川を走るボートを見つけました。東京の中を船でまわってみるのも、素敵だと思いました。

ガソリンスタンドではなく、油商人

中央区で見つけたおもしろい看板です。油の値段は、史上最高値。このガソリンスタンドのビジネスは?

豊洲風景

自転車を乗るようになって気づいたのは、今、東京の街は大きく変わっているということ。この豊洲あたりは、大きく変わっているエリアのひとつです。

月島風景

自転車で会社から帰っていたとき、橋の上から撮った風景です。これだけ見ると、ちょっと香港みたいです。

僕好みのクロイヌ

西洋犬なら、ジャックラッセルテリアとか、ミニチュアシュナウザーは、欲しい犬たちです。そのミックスが、このおとこのこです。

超!かわいいクロイヌ

サンフランシスコのユニオン・スクエアで見つけたクロイヌです。ジャックラッセルテリアと、ミニチュア・シュナウザーのミックスだそうです。

まだ7ヶ月のパピー

朝の散歩であった、まだ7ヶ月の仔犬です。恐々、黒犬に近づこうとしています。

秋田市内で

帰り、空港に行くバスの中から撮った写真。畜産も盛んな秋田。

ユニオン・スクウェアにて

サンフランシスコの中心、ユニオン・スクウェアでの散歩風景。

いっしょに店番

あるアパレルの店内で。お店の人の犬だそうです。